窓口があやふやな風俗店には近づかない

まずは事前に確認をする

面接するお店を決めるのに必要な材料となるのがお店の営業用ホームページです。
お店のコンセプトが詳しく説明してありますので必ずチェックしてください。お店の女の子のタイプに当てはまるかどうか、お店の雰囲気がどのようなものなのか、具体的に想像してみると良いと思います。イメージをある程度つかんでから面接の予約をしてみましょう。
この時に自分の気になっていることをある程度聞いてみましょう。全部は難しくてもある程度親切に教えてくれるお店なら安心しても良いと思います。
聞けるようなら給料のシステムについても簡単に質問してみて下さい。どこまで経費で差し引かれるのか、実際どのようなお客様が多いのか、事前に分かっておくと安心です。

本入店の前に体験入店

「百聞は一見に如かず」ということわざにもある通り、どれだけ事前情報を仕入れても、実際のものとは感じが違うことはよくあることです。
幸い、お試しということもできるので大いに活用してください。
こんなお客様が多いという情報があっても、実際体験してみると思ってたより大丈夫だったり、逆に難しい場合もあります。本入店してしまったら、退職として経歴に傷がつきますが、体験入店であればその心配もいりません。
待機時間はどのような感じなのかということも、実際体験してみないと分からないことが多いと思います。お店の女の子だけではなく、従業員の対応も観察したり、お店の中の細かいところまでじっくり観察することが出来るので、体験入店は風俗店で働くための第一関門とも言えると思います。

この記事をシェアする
TOPへ戻る