風俗店の見分け方

大手の風俗情報サイトを見る

どこで働くにもまずは面接が必要になります。風俗店も例外ではありません。
面接を受ける前にまず電話で面接の予約をすると思いますが、できればその時にある程度質問をしてみましょう。求人サイトにある内容についての確認でも良いと思います。
お給料のことは中々聞きづらいかもしれませんが、例えば具体的な仕事内容について聞いてみるのはいかがでしょうか。
風俗店というところは、ソープランド以外のお店であれば、本番なしが基本です。その中でも自分がどうしても無理なことや、シフトのことなどの相談に乗ってもらえるかどうかは、電話対応である程度分かると思います。
あまり細かいことは電話口では伝えづらいのは分かりますが、何を聞いても、とにかく面接に来てくれとしか言わないお店は注意が必要です。そういうお店は面接に行っても詳しくは教えずとりあえず働かせるところが多いからです。そしてお店で働くということは、顔写真やプロフィールをサイトに載せられてしまうということになります。あれよあれよという間に働かざるを得ない状況になってしまう可能性がありますので、まずは面接に行く前に事前確認をしっかりしていきましょう。そして電話対応が怪しいなと感じたら、そのお店には行かないほうが身のためです。
時給が高いということは、それだけ危険を伴うということです。無理なシフトを入れられたり、経費とかでお給料から差し引かれて手元にあまり残らないということがないように、確認するべきところは確認し、最初は体験入店から始めた方が良いと思います。本契約のサインさえしなければ、引き返せるチャンスはありますので、慎重にいきましょう。

窓口があやふやな風俗店には近づかない

風俗店で働くためにまず見るべきなのは風俗情報サイトです。 なるべく大手のサイトの方が信用性も高いのでお勧めします。そこに載っているということはそれなりの信用性がそのお店にあるということにもなるからです。お店のコンセプトも分かりますので、自分に合うかどうかの判断材料にもなります。

悪質な風俗店とはどんなところか

あまり人気のないお店は、まず外観がきれいではありません。看板の文字が欠けていても直さないようなところはあまり流行っていないところが多いと思います。風俗店も例外なく当てはまります。 見た目はもちろん、求人内容からある程度見て取れる悪質な風俗店について、少し考えていきたいと思います。

風俗店とはどのようなお店なのか

風俗店といえばあまり堂々と働けないイメージがありますが、実際どのような仕事なのかといえば、あまり知られていないのではないでしょうか。 意外に働きやすい環境も整っているところも数多く存在するので、少し詳しく説明していきたいと思います。 人生経験の一つとして、体験入店だけしてみるのも良いかもしれません。

TOPへ戻る